獣医師インタビュー

比田井 副院長

入社:19年目(2022年時点)

比田井副院長

まさき動物病院へ入社した経緯

岩手大学在学中に、院長がはるばる愛知から岩手まで人手探しに来ていました。そのときたまたま大学病院に来ていた患者さんに院長が話しているのをみて、こういう話し方の先生になれたらいいな、と思ったのがきっかけです。その後何件か病院見学をしたが、ここより環境の良い病院を見つけることはできず、ここに決定しました。

入社当時苦労したことと、どうやって乗り越えたか

同期の獣医師がおらず、先輩といえば院長だけだったので、自分の成長の比較対象がないので「このままで大丈夫なのか」とずっと思いながら仕事をしていました。とりあえず他の同期と比べて厳しい環境にいるようだということはわかっていたので、「ここを乗りきればそれなりの獣医師にはなれる」と自分を励ましていました。

まさき動物病院「らしさ」とは

規模が大きくなっても町医者としての寄り添い方を忘れず、オーナーに親身になって考えるスタンスを貫いているところ。そしてスタッフの自由度が大きく、各個人の目指すところを尊重し、柔軟な仕事のしかたを受け入れてくれるところです。

入社を検討している方へのメッセージ

私のような家庭持ちの獣医師でも長く勤務ができる環境がととのっている病院です。
女性獣医師で仕事を一生のものにしたいかた、ぜひ一度見学に来てみて下さい。もちろん男性もお待ちしています。

冨士井 獣医師

入社:4年目(2022年時点)

冨士井獣医師

まさき動物病院へ入社した経緯

1学年上の卒業生でまさき動物病院に就職されていた藤本先生が、リクルート活動で自分の研究室を訪ねてくれたのがきっかけでした。その後実際に見学し、病院内の雰囲気や先輩の話、働き方などたくさんの事を肌で感じた結果、この病院ならではの魅力や、この病院で自分が成長していきたいと感じ入社することに決めました。どこに魅力を感じるかは人それぞれですが、オーナー様を始めスタッフも魅力を感じる病院をみんなで作っている最中です。ぜひうちの病院ならではの魅力を感じに来て下さい。

入社当時苦労したことと、どうやって乗り越えたか

社会人として働くということは、会社に対し給料をもらう代わりに貢献することや何か与えることが大事だと思っています。ですが、入社当時で社会人初心者の自分には貢献する場所や会社に与えるものは何もなく、何もできない事が辛かったです。まさき動物病院では教育プログラムがあり、月ごとに達成目標を決めます。できる事を増やしていくことで少しずつでも貢献できているという実感を得て乗り越えることができました。また、先輩方に飲み会やプライベートで話を聞いてもらいアドバイスをもらうことで不安を払拭することができました。

まさき動物病院「らしさ」とは

コミュニケーションが多いことだと思います。朝晩のミーティングや昼のカンファレンスなど、他の先生の治療に参加したり意見交換の場が多く、仕事中でも先輩から意見をもらいやすい環境です。また、仕事終わりにみんなでご飯を食べに行くことがあったり飲み会をしたりと職場以外でもコミュニケーションを取る機会が多く、仕事を円滑に進めるためにはすごく重要だと感じています。コミュニケーションを多く取ることが病院全体の明るい雰囲気になる、これがまさき病院のらしさだと思います。

入社を検討している方へのメッセージ

就職先を選ぶ際に、自分の中でなにを大事にするかを明確にするといいと思います。勉強できる環境と言っても、自分が何を勉強したいのか、1次病院なのか2次病院なのか、専門性がある病院がいいのかジェネラリストを目指すのか、様々な目的があります。他にも休みが確保できるかや労働時間、給料面、福利厚生、人間関係など選ぶ要素はたくさんあるので考えてみてください。その上で、是非実習に来てください。色々なお話しができることを楽しみにしています。

服部 獣医師

入社:6年目(2022年時点)

服部獣医師

まさき動物病院へ入社した経緯

出身が愛知県ということもあり、愛知県内で勤務地を探していました。大学の先輩が勤めていた病院であったこともあり、話をよく聞いていました。そのほかにも候補はあったのですが、数回にわたる病院見学実習を経て、この病院が臨床獣医師として早く成長できそう、充実した生活が送れそうと判断して入社を希望しました。

入社当時苦労したことと、どうやって乗り越えたか

体力的にというよりは精神的につらかったことが多かったです。慣れていない時の仕事は、周りに迷惑をかけていないかと考えてしまったりとストレスを感じることが多かったように思います。比較的年齢の近い先輩がよく話を聞いてくれてとても救われました。また、病院全体として慣れない新人への配慮があると思います。無理のないカリキュラムの設定があったり、勤務時間への配慮があります。残業すると逆に怒られます。

まさき動物病院「らしさ」とは

①一次病院ではありますが、診療に関してはほとんどのことを当院で完結していること
②院長が全て診察や外科手術を担う病院とは違い、勤務医にもチャレンジさせてくれることが多いこと
③獣医師の数が比較的多く、相談もしやすい環境にあること
④看護師さん含め人間関係がよくその点でのストレスがなく、楽しく仕事ができること

入社を検討している方へのメッセージ

小動物臨床獣医師として早く成長したい人にはもってこいな職場と思います。カリキュラム設定がありますが、それをこなし、希望すれば次へ次へとチャレンジできます。また、自分なりに考えて診察を行うことで飼い主様に寄り添うことができてやりがいを多く感じられます。それなりに忙しく大変な時もありますがそれ以上に得られることが多いと思います。一度見学だけでも来てもらって、雰囲気を知ってもらうのと話ができればと思います。やる気のある方、楽しく仕事ができる方募集します!

岩下 獣医師

入社:2年(2022年時点)

岩下獣医師

まさき動物病院へ入社した経緯

獣医師が多い病院で勉強がしたかったため、大きな病院を探していました。三大都市の大きな病院を検索する中で当院のホームページを見つけ、様々な専門知識を持つ先生方がいること、1次診療からセカンドオピニオンまで幅広く対応していることを知り、実習を申し込みました。実習に来て雰囲気を見たり先輩方の話を聞いたりして、自分にすごく合っていると感じたため、就職を希望しました。

入社当時苦労したことと、どうやって乗り越えたか

当院では、新人ロードマップに従って、1つずつ段階をふみながら診察項目の幅を広げていきます。約1か月ごとに次の段階へ進んでいくのですが、最初はそのスピードについていけず、「早くできるようにならないといけない」「何度練習してもうまくできない」と焦ってしまい、落ち込む日も多くありました。しかし、色々な先輩に質問してコツを教えてもらい、自分で勉強したことを合わせて実践し、乗り越えることができました。今でも毎日新しい症例と出会う日々ですが、先輩方の力を借りながら自分なりに前に進んでいます!

まさき動物病院「らしさ」とは

1人1人の得意分野を活かし、力を合わせて患者さんを救うのが「当院らしさ」だと思います。獣医師・看護師、ウェルネススタッフ・受付…と様々な職種が集まる当院ですが、それぞれ得意分野を持つスタッフが多いです。判断に迷った時、分野によってすぐに相談できる先輩がいることはとてもありがたいことだな、と日々感じています。また、チームごとの会議だけの日や社内イベントなどコミュニケーションを取る機会が他院よりも多いため、先輩方とたくさん話すことができるのも当院の特徴だと思います。

入社を検討している方へのメッセージ

現在、日本にはとても多くの動物病院があります。その中から自分に合う病院を探すのはとても難しいことかと思いますが、病院の雰囲気を確かめるためには直接見学に来るのが一番おすすめです。まさき動物病院では、実習・見学に来る方への補助金制度や担当制度もありますので、まずは一度ご連絡下さい!!そして、色々なスタッフとお話をして「まさき動物病院らしさ」を感じて頂けたらと思います。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!!